おすすめのブランデーグラスとその選び方

おすすめのブランデーグラスとその選び方

ブランデーグラスってどういう形?

ブランデーには、それに適したグラスがあります。いわゆるブランデーグラスと呼ばれるもの。ただ、これに定義はあまりありません

多くの人がイメージするのは、球に近くて口の大きなグラスじゃないかな。脚はそこまで長くなくて、頭でっかちな短足グラス的なね。確かにあれに入れてブランデーを飲むと様にはなるけど、味や香りを最大限に楽しむためには、あまり向いてないです。特に現在の技術で作られたブランデーにはね。

最近主流になってきてるのは、むしろ口が小さめで脚が長めのタイプ。ボウル部分はそこまで大きくも長くもなくて、中肉中背みたいなイメージかな。口の少し下あたりが凹んでて、そこから口が少し広がってる形のものがいいですね。

ブランデーグラスの種類

ブランデーグラスを大まかに分けると、2種類。

  • グラッパグラス
  • テイスティンググラス

細かく分けるといくらでもあるんだけど、用途などに合わせて、だいたいこの2つを押さえておけば問題ないですよ。

グラッパグラス

グラッパってそもそも知ってます?ブランデーの一つで、お酒を作る過程で出た原料(ブドウ)のかすで作られるお酒のこと。このグラッパを飲むために作られたのがグラッパグラスです。

でもこれで普通のブランデーを飲んでも全然問題ないし、むしろ最近のブランデーはこのグラッパグラスの形状の方が、味も香りも存分に楽しむことができます。

ボウル部分は小ぶりなのが特徴。脚も細くて長い。口が広がってるから飲みやすいのと、香りがとにかく伝わりやすい。最近主流のブランデーグラスの特徴を備えてますね。

テイスティンググラス

グラッパグラスと比較すると大きめのグラスです。テイスティングするためのグラスなので安いんですけど、空気を混ぜやすいようにボウルの底部分が広くなってて、味の変化が起きやすいですね。

ボウルの口に近いところにくびれがあれば、よりブランデーを飲むのに適してますよ。これがないとブランデーには向かないです。

言い方はあれだけど、完全に初心者向けのグラスって考えてもいいかもしれません。

おすすめのブランデーグラス3つ!

形状や種類を教えられても、どんなブランデーグラスを選べばいいかわからないという人は少なくないはず。僕はブランデーを美味しく飲むためのグラスも結構調べて手に入れてたんで、その中で本当におすすめできる製品をいくつか紹介しますね。

リーデルヴィノムコニャック

コニャックを楽しむために作られたグラスです。リーデルはワイングラスで有名なんだけど、この「リーデルヴィノムコニャック」はとても良いですよ。まず、ビジュアルが良い。まさに理想の形。

とても美しくて、ブランデーを入れて見てるだけで満足できます。小ぶりだから可愛らしさもあるんですよね。ボトルにしっかりとくびれもあって、味と香りをこれでもかと楽しめるような形状をしています。

グレンケアンウイスキーテイスティンググラス

ウイスキーのテイスティンググラスだけど、これもなかなか良いグラスです。形状は、脚がほぼないので、ブランデーに最適ってわけではありません。でも、グラスに入れてクイッと飲むタイプの人であれば、これはとても良いです。スッと口に入ってくるし、香りが一気に飛び込んでくるので、飲んだ後の余韻がすごいですね。

あと、単純に安い。テイスティング用だから安いんだけど、ビジュアルも可愛くて絵になるから、1つは持っておいてもいいかもしれません。

ツヴィーゼルバースペシャルグラッパ

コスパで考えたら、「ツヴィーゼルバースペシャルグラッパ」ですね。個性っていう意味でも、このグラスかな。それくらい長所をいくつも持ってます。

まず見た目。くびれが激しい。ボトルの底に溜めたブランデーをスーッと流し込んでくれるこの形状は秀逸で、香りの後に味が来るから、口内への風味の広がり方も尋常じゃないです。

これでブランデーを飲んでたらかなりオシャレに見えるし、実用的でもありオシャレでもある数少ないブランデーグラスですよ。それでいて安い、そして割れにくいと、不満な点が見つからないグラスですね。

 

グラスは割れない限り一生使えるいいものです。使えば使うほど愛着が湧いてくるのでグラスは真剣に選んだ方がいいかも。最終的に僕みたいに色んなグラスを買う未来もくるかもしれませんね。

一方お酒は消耗品です。それに買ったものがお口に合わなかった時は悲惨です。でもせっかく買ったものを我慢しながら飲みたくはないですよね。その時のためによければブランデーの買取方法も確認しておくといいでしょう。