【間違われがち】ブランデーとウイスキーの違いを解説してみたよ

【間違われがち】ブランデーとウイスキーの違いを解説してみたよ

ウイスキーとブランデーは原料が違う

僕も多分カクテルにハマらなかったら、ブランデーとウイスキーの違いって、未だにわからなかっただろうなと思ってます。

ブランデーもウイスキーも、蒸留酒です。(蒸留して造られるお酒)

じゃあ何が違うのかと言えば、原料ですね。ブランデーはブドウが原料になることが多いんだけど、他にもリンゴとかチェリーとか木イチゴとかが使われることがあります。

つまり、ブランデーは原料が果物なんですよ。ウイスキーは、原料が穀物の蒸留酒のこと。穀物っていうのは大麦とかトウモロコシとか。あとライ麦も使われますね。

基本的な違いはこれだけ。同じ蒸留酒だから作り方もほぼ一緒ですよ。穀物は果物と比べると糖度が少ないから、その部分で多少工程に違いが出てくることはあるけど、ベーシックな作り方は同じです。

製造工程はほぼ変わらないけど果物と穀物という原料の違いがあるって考えれば、ワインとビールくらいの違いがあるって言えますね。全然違うものなんですよ、ブランデーとウイスキーは。

違いは分かったけど蒸留ってなに?

理科の実験とかでもやった人が多いはずだけど、蒸留っていうのは、熱を加えて水分を多く含んだものを蒸発させること。その“水分を含んだもの”によって蒸発されるものの成分とかが変わってくるんだけど、お酒の場合はそれが濃度の高いアルコールってことになりますね。

果物なら果物、穀物なら穀物を発酵させて余分なものを取り除いたら、水分が残るよね。原料がブドウならブドウジュースみたいなやつね。

発酵させてるからすでにアルコール成分を含んではいるんだけど(この状態だとワインかな)、それを熱することでアルコールが抽出されてブランデーができるって感じ。原料が穀物なら、もちろんウイスキーになりますよ。実際にはこの後に熟成の過程が入りますけどね。