【最大限に楽しむために】ブランデーの美味しい飲み方

【最大限に楽しむために】ブランデーの美味しい飲み方

ブランデーをより美味しく飲むために

ブランデーは、お酒そのものも大事だけど、飲み方によって味も香りも気分も変わります。より美味しく飲むためのポイントをしっかりと押さえておきましょう。

必要な時間は30分

ガブッと一気に口に含む飲み方もあります。でも、本物の香りや風味などを味わうなら、30分はかけたいですね。一口目と二口目では感じ方が違うし、二口目と三口目でも味わいが変化します。

これを繰り返してゆっくり飲んでいくのが大人の嗜み方。量としては50ml前後かな。この量をこれだけ時間をかけて飲むと、心にも余裕が生まれますよ。

室温がベスト

ワインはものによっては冷やしますけど、ブランデーは基本冷やしません。逆に温めることもせず、室内に置いておいたままの温度で口に入れた方が、より本来の味わいが楽しめます。手で温めるのは古い飲み方。

現在造られてるブランデーは、そんな必要もありません。むしろ温度が上がると香りが強くなりすぎて味が楽しめなくなりますよ。

細身のグラスで

ブランデーグラスと呼ばれるものは、手のひらで支えられるようにボウル部分が大きくなっているものが多いです。でもこれは昔のもので、今はむしろ細身のグラスの方がブランデーを適切に味わえると言われています。

脚は細くて長いものがいいですね。口が少し開いていて、その下あたりが窪んでる形状のものがおすすめ。いわゆるグラッパグラスと呼ばれるタイプを選びましょう。

香りを意識する

ブランデーは、味と同様に香りも大きな魅力。よく嗅いでみると、原料の果物とオーク樽とアルコール分の香りが複雑に入り混じりながらも、それぞれが主張している魅惑的な香りが鼻の奥まで届きます。

口につける前に、必ず香りを確認すること。口に入れた後も、口内から鼻に届く香り、呼吸をした時の鼻に抜ける香り、全部違いますから。その変化を楽しめれば、ブランデーの良さに気付けるはずです。

ブランデーの美味しい飲み方

ここからは、おすすめのブランデーの飲み方についてです。一通り試して、自分のお気に入りの飲み方を見つけてください。

ブランデーの基本「ストレート」

お酒に弱くても、ストレートは試さないと。ちょっとずつでいいので、まずはそのまま飲みましょう。ブランデーそのものを強烈に感じられて、その銘柄の特徴と魅力を掴むことができますよ。ただ、アルコール度数が高いので無理はしないこと。

オンザロック

グラスに氷を入れて、そこにブランデーを注ぐだけで簡単に作れます。暑い時期にはいいですね。氷が少しずつ溶けていくので、味の変化も楽しめますよ。ただ、ストレートと比べると香りが若干弱まります。

水割り・ソーダ割り

お酒が苦手な人は、水割りやソーダ割りで。とても飲みやすくなります。ブランデー本来の香りと味が薄まってしまうのが弱点ですね。グラスにブランデーとお水、もしくはソーダを入れるだけ。おすすめは1:1ですけど、お好みで変えてもOKです。