ブランデーの銘柄CAMUS(カミュ)について

ブランデーの銘柄CAMUS(カミュ)について

CAMUS(カミュ)の歴史

ブランデーメーカーで有名どころは、100年以上の歴史を持っているところがほとんどです。カミュもそうですね。設立されたのは1863年。コニャックなので、もちろん誕生はフランスです。

これもコニャックメーカーにはいくつかありますが、家族で経営し続けて、そのスタイルを貫いているのもカミュのすごいところ。だからこそ歴史と伝統という付加価値もついて、日本でも人気になっているんです。日本はそういう老舗的なものを好む国民性がありますから。

それでも、経営が苦しい時期はあったとのこと。そんな状況にあってブランデー作りを売り飛ばしたりせずに守り続けたからこそ、現在の地位があるとも言えるでしょう。
国際ワイン&スピリッツコンペティションにて、金賞を3回も獲得。プロからも認められるのがカミュのブランデーです。

CAMUS(カミュ)の特徴

まず特徴的なのがボトルデザイン。スッキリとしたシルエットのものがあったかと思えば、左右非対称のボトルもあったりと、インテリアとしても楽しめるボトルを数々世に送り出しています。シャンパンのようなシルエットのボトルもありますね。家族経営だからこそできることなのかもしれません。

他のブランデーと同様にV.S.O.PやX.Oなどの各ランクが用意されていて、限定品も発表しています。「エレガンス」と名の付くラインナップがありますが、その名に恥じないような上品な味わいがカミュのブランデーの特徴ですね。

ブランデーはメーカーによっては刺激が強くて初心者にはあまり合わないと言われますけど、カミュの、特に熟成年数が多いものはまろやかさもあってブドウの香りもしっかりと感じられますから、比較的飲みやすいでしょう。

このオリジナリティの強い味わいは、昔ながらの製法で作った原酒と仕入れた原酒をミックスしているからだそうです。他ではなかなか真似できない理由はここにもあり。
もちろん土地にも影響を受けています。

ミネラル分の多い土壌で育てたブドウを原料にすることで、ブドウの香りや甘みが強くなるとのこと。カミュはボルドリと呼ばれる土壌でブドウを栽培し、特徴的なブランデーを作っているわけです。

値段が高いのはカミュの「キュヴェ」ですね。限定品なのでなかなか流通せず、もし持っていれば20万円以上で確実に買い取ってもらうことができます。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!